ミナミにあった訳のわからない小路〜浮世小路

なんばパークスから通天閣に行く途中、道頓堀商店街を通りました。ここ、道頓堀商店街は撮影の宝庫、グリコやカニ道楽の看板、ほかにいろいろと立体的な看板がたくさんあります。

かに道楽

かに道楽

まあ、道頓堀の風景はいろいろなサイトやブログで紹介されているので、省略。今日は、この道頓堀で見つけた珍しい通り、なんのためにあるのかよくわからない通りを紹介します。
それは、「浮世小路」。まったく目立たない小路です。「浮世小路」って書いてありますが、いったいここから先は何があるのでしょう。

浮世小路 入口

浮世小路 入口

人一人が通れるほどの狭い小路。奥行きは50mmメートルくらいです。中に入ってみると、こんな感じです。

浮世小路1

浮世小路1

浮世小路2

浮世小路2

これらの絵はきっと昔の道頓堀なのかなぁ?
次回はもっとゆっくり探検したい場所です。

このブログを応援してください!写真・記事が「いいね」と思ったら下のバナーをクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村

あなたもマクロミルのアンケートモニターに応募しませんか!
ポイントためて、カメラ、レンズ買いましょう!
マクロミルへ登録

This entry was posted by hironakajima in