大田区の花火 - オリンパス E-M10のライブコンポジットで

オリンパスのE-M10を買った最大の理由(機能)がライブコンポジット撮影ができること。以前もこのブログで、ライブコンポジット撮影の練習として、スカイツリータワーを撮影しましたが、今回は花火撮影に挑戦。大田区「平和都市宣言」花火の祭典です。

 

ライブコンポジット機能とは、「通常のバルブ撮影では全体が明るくなりすぎるようなシーンでも、明るく変化した部分のみが合成されるライブコンポジットを使えば、全体が明るすぎることなく、明るい建物を背景として星の円周運動や花火、蛍の飛翔などの切れ目のない美しい光跡を表現できる」機能です。引用 オリンパスホームページ

普通花火の撮影は、このライブコンポジット撮影より、B=バブルモードで5-10秒くらいにセットして撮影するのが基本のようにですが、比較明合成のほうが絵になりそうだと思い、今回は、ライブコンポジットをメインで撮影しました。

 

大田区 花火1

大田区 花火1

Camera: Olympus E-M10
Lens: 35 – 100 mm
Focal Length: 93mm
Shutter Speed: 1/2 secs. x 50 times
Aperture: f/11
ISO/Film: 200

どんな順番で花火が打ち上げられるのかわからないので、ひたすらシャッターを押しました。

大田区 花火2

大田区 花火2

大田区 花火 3

大田区 花火 3

大田区 花火4

大田区 花火4

いかがでしょう? ライブコンポジットもいいとは思いませんか?

このブログを応援してください!写真・記事が「いいね」と思ったら下のバナーをクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタ
ル一眼(OLYMPUS)へ
にほんブログ村

今回使用したカメラとレンズ

最近、読んだ面白かった本!

This entry was posted by hironakajima in